DTM Studio One3

Studio One 3でBFD ecoをパラアウト

更新日:


Studio One 3でドラム音源としてBFD ecoを使ってます。

BFD3や最近出たSuperior Drummer 3なんかも欲しいんですけどBFD 3はやたら重いらしいし解説動画を観ても難しそう。Superior Drummer 3は高くて手が出ません。その点、BFD ecoはコスパ最高(セールで3,000~4,000円くらい)で機能が上位版より制限されてる分シンプルで使いやすい。(BFD3やBFD2に比べて)軽いし。

さて、本題。
ドラムを打ち込みしたものの、キックやスネア、それぞれにDAW側でエフェクトを掛けたりしたいときがありますよね。廉価版のBFD ecoですがちゃんとパラアウト機能が付いてました。今回はその方法を。

BFD eco側の設定

まずBFD ecoのミキサー画面を開きます。それぞれのパートのoutがデフォルトではMasterになっているのですがこれを変更します。
例えばキック。Masterとなっているところをクリック。

 

すると選択肢が出てきます。これを「Direct,out」に設定します。

 

他のパートも同様にDirect,outに変更しました。

Studio One3側の設定

次にStudio One3のミキサー画面で「BFD eco」となっている部分をクリック。

 

するとそれぞれのパートが選択肢として出てきます。キックならkickをクリック。

 

チェックを入れるとそれぞれのトラックが増えていきます。パラアウトできました。

 

これでそれぞれのパートの個別編集ができるようになりました。
画像はキックにコンプを掛けてるところ。

 

ボリュームやパンの設定もDAW側でできます。

 

音楽活動をしている人のための無料ホームページテンプレート

WordPressテーマ(ホームページのテンプレート)を作りました!簡単にバンド、音楽活動用のホームページが作れます。

バンドやミュージシャンなど音楽活動をする人のための無料WordPressテーマ「zousanrecords」。
バンドマンでwebデザイナーの私、太田が自ら欲しかった機能を搭載した主にアマチュア、インディーズミュージシャンのホームページに最適化したWordPressテーマです。是非、お試しを。

zousanrecords

-DTM, Studio One3
-, , ,

Copyright© ヒダリのヒ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.