DTM プラグイン

気になるプラグイン:DeeFatのデモ版を試してみた。

投稿日:

無題

 

こちらで紹介されていたDOUTEC-AUDIOから新しく出たDeeFatというプラグイン。

誰でも簡単、一発で音を太くする夢のプラグイン、DeeFat誕生だ! : 藤本健の“DTMステーション”

気になったのでデモ版を入れて試してみました。

試したのは前に録ったこちらの曲。「ダコタハウスで会いましょう」作詞:青木ヨーマ/作曲:太田ヒロシ

 

とあるのでボーカルにDeeFatを掛けてみます。

 

一つのノブで

1.波形の高低差を見る
2.適度にコンプを掛ける
3.Lo、Mid、Hiの3バンドにフィルタで分割する
4.周波数状態を抽出してエンハンスの強さを決める
5.ベースをマスキングする周波数帯を削る
6.エンハンスした倍音を加える
7.2段目のコンプを掛ける

という流れの処理がなされているそうです。

いかがでしょうか?

100までいくと歪む寸前でちょっとしんどそう。30くらいまでが自然で良い感じかなという気がします。

 

終わりに

DOUTEC-AUDIO製品は以前DeeMaxを購入してけっこう使ってます。今回のDeeFatは、、んー、もう少し様子をみようかと思ってます(^_^;)

 

おすすめ記事

オーディオインターフェース Steinberg UR242を買った。
ミックス用プラグインはこれ Waves Chris Lord-Alge Signature レビュー
【DTM】いちばん分かりやすかったミキシングの本

-DTM, プラグイン
-

Copyright© ヒダリのヒ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.