Cubase DTM

Cubaseでトラックをまとめてエフェクトをかけたい

更新日:

無題

Cubase8でトラックをまとめてエフェクトをかけたいときの方法として

・FXチャンネルを追加してセンドで送る。
・グループチャンネルにまとめてエフェクトを掛ける

という2つの手段があります。(8.5だと他の手段も増えてるみたい)

今回はグループチャンネルでまとめてエフェクトを掛ける方法を試してみます。

 

グループチャンネルを追加

プロジェクト→トラックを追加→グループチャンネル

でグループチャンネルを作ります。

Cubase_グループチャンネル

 

今回はボーカルとコーラスをまとめるのでトラック名を「声」としました。

Cubase_グループチャンネル2

 

ボーカルトラックをドラッグしてグループチャンネルへ。コーラストラックも同じようにグループチャンネルへ追加します。

Cubase_グループチャンネル3

 

「ボーカル」「コーラス」が一段下がってグループチャンネルにまとまりました。

Cubase_グループチャンネル9

 

Send先を選択

これで「声」トラックにエフェクトを挿せばボーカルとコーラスに同じエフェクトが掛かる、、、といきたいところですが、実はもう一手間いります。

F3もしくは、デバイス→MixConsole

Cubase_グループチャンネル4

 

ROUTINGタブを開くとアウトがStereoOutになったままです。これでは声トラックにエフェクトを挿してもボーカルトラック、コーラストラックには掛かりません。

Cubase_グループチャンネル5

 

ボーカルトラックのROUTINGのStereoOut右の下矢印をクリックして「Send先を選択」

Cubase_グループチャンネル6

 

「グループ-声」を選択。コーラストラックも同じようにセンドを選択します。

Cubase_グループチャンネル7

 

これでアウトが「声」になり、信号の流れが

ボーカル、コーラストラック→声トラック→StereoOut

となりました。

Cubase_グループチャンネル8

 

終わりに

これで声トラックにエフェクトを挿せばボーカルトラック、コーラストラックにも同じエフェクトが掛かります。
グループチャンネルにまとめてからSend先の選択もしないといけないというところがポイントですかね。

音楽活動をしている人のための無料ホームページテンプレート

WordPressテーマ(ホームページのテンプレート)を作りました!簡単にバンド、音楽活動用のホームページが作れます。

バンドやミュージシャンなど音楽活動をする人のための無料WordPressテーマ「zousanrecords」。
バンドマンでwebデザイナーの私、太田が自ら欲しかった機能を搭載した主にアマチュア、インディーズミュージシャンのホームページに最適化したWordPressテーマです。是非、お試しを。

zousanrecords

おすすめ記事

オーディオインターフェース Steinberg UR242を買った。
ミックス用プラグインはこれ Waves Chris Lord-Alge Signature レビュー
【DTM】いちばん分かりやすかったミキシングの本

-Cubase, DTM
-, ,

Copyright© ヒダリのヒ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.