web関連 WordPress

【WordPress】Advanced Custom Fields デイトピッカーの表示フォーマットをカスタマイズする

更新日:

バンドやミュージシャンなど音楽活動をする人のためのホームページ用WordPressテーマ「zousanrecords」
販売ページは→こちら

PHP初心者の自分がこのWordPressテーマを構築していく上でつまずいたとこ、苦戦したところを備忘録として残しておこうと思います。

今回はAdvanced Custom Fieldsのデイトピッカーで出力した日付けの表示フォーマットのカスタマイズ方法を。

日付けの表示フォーマットをカスタマイズ

Advanced Custom Fieldsのデイトピッカーの設定画面。一応表示フォーマットを選択できるようになっています。

 

ですが、自分がしたいのはこういう形↓年、月日、曜日をバラバラにしてCSSを適応させたい。

公式サイトにありました

調べたらAdvanced Custom Fieldsの公式サイトにありました。

参考:ACF | Date Picker

書いたのは以下のコード

<div class="live_date">
	<p>
		<span class="live_year">
<?php 
// get raw date
$date = get_field('live_date', false, false);
// make date object
$date = new DateTime($date);
?>
<?php echo $date->format('Y'); ?>
		</span><br class="display_none_sp">
<?php echo $date->format('m.d'); ?>
		<span class="live_week">
<?php echo $date->format('D'); ?>												
		</span>
	</p>
</div>

「live_date」というのがデイトピッカーのカスタムフィールド名です。

$date = get_field('live_date', false, false);

でデイトピッカーの情報を取得して、

$date = new DateTime($date);

でnewして(表現のしかた合ってる?)、

echoで年(Y)、月日(m.d)、曜日(D)をバラバラに表示しています。

これでそれぞれにcssを適応させて思うような表示にできました。

実際のページは→こちら

音楽活動している人のためのWordPressテーマ「zousanrecords」

バンドやミュージシャンなど音楽活動をする人のためのホームページ用WordPressテーマ「zousanrecords」

サンプルページは→こちら

-web関連, WordPress
-, , ,

Copyright© ヒダリのヒ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.