web関連 WordPress

ミュージシャン、バンドに特化したホームページのテンプレート(WordPressのテーマ)を販売します。その1

更新日:

自分のホームページを作り直しました。

https://otahiroshi.zousanrecords.com/

今回はWordPressを使ったCMSで、シンプルかつ徹底的に「使いやすさ、更新のしやすさ」を重視して作りました。

htmlやcssやらのウェブの知識がなくても誰でも簡単にライブの予定や音源情報、Youtubeの動画情報を更新してホームページに反映させられます。

CMS(Contents Management System)とは

CMSとは、HTMLやCSSのようなWebサイトの制作に必要な専門知識を必要とせず、テキストや画像などの情報を入力するだけで、サイト構築を自動的に行うことが出来るシステムのことです。CMSを導入することで、Webページの作成や更新を簡単に行うことでき、初心者でもWebサイトを運用することができます。

引用:https://www.seohacks.net/basic/terms/cms/

WordPressとは

WordPressとは、サイトの作成やブログの作成などができるCMS(コンテンツ管理システム)の1つで、無料のソフトウェアです。Web関連技術が無い人でもサイト管理や記事投稿ができるため、世界中のサイトのおよそ4分の1はWordPressで構築されていると言われています。

引用:https://digital-marketing.jp/creative/what-is-wordpress/

 

で、今回はWordPressのテーマ(ホームページの枠組み、テンプレート)として作ったので、WordPressをインストールできる環境であれば基本、自分のと同じホームページが簡単に作ることができます。

ここで本題。

ミュージシャン、バンドのホームページに特化したWordPressのテーマ「zousanrecords」を販売します! (と思ってます。)

はじめに

まずはじめに、ホームページをこれで作ったからと言って「ファンが倍増!」というものではありません。
ファンや、自分の活動に気づいてくれた人たちに最低限の情報を提供するホームページです。

自分の経験として、ライブハウスで観て良いバンドやなーと思って帰りに検索してもホームページ自体がなくて、音源がどれだけあるのか、Youtubeに動画があるのか、ライブ情報もメンバーのSNSを辿っていかないと分からない、ということがけっこうあります。

活動してるなら、最低限これくらいは発信しようよ、というのを形にしたホームページです。

主な機能紹介

WordPressの特徴は更新のしやすさにあります。編集者ユーザー用に作った管理画面がこちら。

 

スッキリ!

ライブ情報の更新が超簡単!

まずは一番更新頻度が高いと思われるライブ情報の更新を紹介。

メニュー「LIVE」から「新規追加」

 

あとは各項目を入力していくだけです。

  • タイトル(イベントタイトル)
  • 日程(クリックするとカレンダーが表示されて選択)
  • 会場名
  • 会場のホームページURL(リンクを貼る場合)
  • 時間
  • 料金
  • 出演者
  • 備考欄
  • フライヤー画像(「メディアを追加する」から追加できます。)
  • 予約ボタン選択(予約ページへ飛ぶ通常ボタン、URLが入力できる外部リンク、ボタン無しが選択できます。)

の項目があります。

 

未入力の項目については非表示となります。
ホームページでの表示はこんな感じ→サンプルページ

 

フライヤーなどの画像がある場合はクリックすると拡大表示されます。

 

また、「予約する」ボタンで予約ページへ飛んだ場合の予約フォーム画面がこちら→サンプルページ

 

日程・会場は手入力しなくても、今日以降のライブ予定が選択肢の中に自動的に入ります。
フォームに入力、送信された内容は初期設定で指定したメールアドレスに届きます。

ライブ情報は今日以降の予定が日が近い順に一覧で表示され、ライブの日が過ぎると「PAST LIVE」(過去のライブ情報欄)に自動的に移動します。(←これ重要)

 

ライブが終わったからといってその情報を削除する必要がありません。アーカイブとして残しておくことができます。

ライブ予定がない場合は、これも自動で「現在、ライブの予定はありません。」の文言が表示されます。

音源情報の更新が超簡単!

次に音源情報の更新を紹介。

メニュー「DISCOGRAPHY」から「新規追加」

 

あとは各項目を入力していくだけ。

  • タイトル
  • カテゴリー(カテゴリーに分ける場合)
  • ジャケット画像
  • 品番
  • 価格
  • 発売日
  • 曲目
  • 販売サイトURL
  • 補足分
  • トップページ表示選択(トップページに載せるかどうか)

の項目があります。

 

カテゴリーは初期段階で設定したものを表示させます。

曲目については右下の「曲目を追加」で入力欄が追加されます。

 

Youtubeに動画がある場合はYouTubeIDを入力。

YouTubeIDとはYouTubeのページの共有ボタンで表示されるhttps://youtu.be/以降の文字列です。

 

そうすることによって、YouTubeのアイコンが現れ、クリックするとポップアップで再生されます。→サンプルページ

 

SoundCloudに曲をアップしている場合はURLを入力することによってアイコンが表示、クリックすると別タブでそのページが開きます。

また、音源を販売しているページがある場合、「販売URL」欄にURLを入力することによって「shop」ボタンが表示されリンクが貼られます。
自分の場合はBASEのページに飛ぶようになっています。

YouTube動画情報の更新が超簡単!

次にVIDEOページです。

メニュー「VIDEO」から「新規追加」

 

音源情報のところで説明したYouTubeID(共有リンクのhttps://youtu.be/以降の文字列)を入力、トップページに表示させるかどうかを選択します。

 

ホームページはこんな感じ→サンプルページ

 

クリックするとポップアップで再生されます。

 

1ページの表示件数が12件でそれ以上になるとページが分かれて次のページへ行きます。

トップページとの連動

  • ライブ情報
  • 音源情報
  • 動画情報

についてはトップページとも連動しています。サンプルページ

トップページ ライブ情報

ライブ情報は日が近いものから5件がPCの場合はトップビジュアルの左側に日程と会場が表示されます。

 

スマホの場合はVIDEOの上に項目が追加されます。

 

ライブの予定がない場合はこの枠ごと非表示となります。(←これポイント)

トップページ 動画情報

動画は投稿の際、「トップページ表示選択」で表示にチェックを入れた新しいものからPCの場合は3件、スマホの場合は4件がトップページに表示されます。

 

PC

 

スマホ

 

トップページ 音源情報

音源情報はPC、スマホ共に「トップページ表示選択」で表示にチェックを入れた新しいものから4件がトップページに表示されます。

PC

 

スマホ

その1まとめ

ここまででどうでしょうか?需要あるかな?特に音楽活動してるみなさん。

長くなったのでその他のページ、機能はまた次回。

続き→ミュージシャン、バンドに特化したホームページのテンプレート(WordPressのテーマ)を販売します。その2

 

-web関連, WordPress

Copyright© ヒダリのヒ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.