iPhone

iPhone5のバッテリーを交換する

更新日:

妻のiPhone5のバッテリーがもうヘタってしまって何とかして欲しいと言われたので思い切って自力でバッテリー交換を試みました。

amazonで注文。
あんまり安いのは恐かったので3000円弱のにしました。それでも安いけど。

届いたのがこちら。交換用の工具も付いてます。

 

電源を切って、一応SIMカードも抜いときました。

 

下のネジを2つ取ります。

 

下の方に吸盤をくっつけてフロントパネルを外します。
これが一番の難関でした。なっかなか外れませんでした。

 

なんとか外れました。

 

フロントパネルと本体がつながっている部分のカバーを外します。3つのネジで止まっています。
1つだけ長さが違うのでどこに付いてたか覚えておきましょう。(一番上のがちょっと長かったと思います)

 

3つのコネクターが本体とくっついています。付属のヘラでテコの原理でカチっと外します。

 

取れました。

 

今度はバッテリーと本体がつながっている部分のカバーを外します。こちらも3つのネジで止まっています。1本だけ長さが違うのでどこについてたか注意。(真ん中のがちょっと長かったと思います)

 

カバーが外れました。

 

コネクター部分をこれも付属のヘラでカチッと外します。

それができたら透明フィルムの取っ手があるのでそれを引っ張ってバッテリーを取り外します。接着剤でくっついているようでなかなか硬いです。

 

取れました。

 

後は新しいバッテリーを装着して逆の手順で元に戻していきます。

 

終わりに

吸盤でフロントパネルを外すところが一番の難関でした。
トータル30分ほどで交換できました。
バッテリーのリフレッシュ(キャリブレーション)方法
 

バッテリーのリフレッシュ(キャリブレーション)方法

 
購入したお店のメールにバッテリーのリフレッシュ(キャリブレーション)方法が書いてありましたので一応。

バッテリーのリフレッシュ(キャリブレーション)方法

1. バッテリーを何らかの方法で使いきり0%にする(本体の電源が落ちるまで使用する) 
2. すぐに充電せず、 バッテリーをそのまま30分から1時間程度室温で放置する 
3. 電源を入れて頂き、再度バッテリーを使い切るまで使用。( 電源が入らない時は次へ) 
4. さらに数時間から一晩程度放置する 
5. 100%まで充電し、さらに数時間充電したままにする 
6. 充電ケーブルを抜いて、電源を入れて起動する。 

 

-iPhone
-, ,

Copyright© ヒダリのヒ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.