Cubase DTM

Cubaseで外部MIDI音源を鳴らす!

更新日:

IMG_0206

 

いまだにQY70を使ってます。

20年ほど前に発売されたYAMAHAのシーケンサーでヒダリのドラムの音は全部これ。でもさすがにあの小さい画面でチマチマ打ち込むのはもうしんどいので、Cubaseで外部MIDI音源を鳴らす方法を調べました。

今回は自分の使っているDAW、Cubase AI8でmidiを打ち込んでそれでQY70を鳴らしてみます。

最近のMIDIキーボードやシンセはUSBケーブルで直接PCに繋げられるタイプのものが多いですが、QY70には当然そんな機能はありません。midiケーブルでオーディオインターフェースと繋ぎます。

オーディオインターフェースのMIDI outから

IMG_0205

 

QYのMIDI inへ。

IMG_0203

 

また、midiケーブルとは別にラインでQYからオーディオインターフェースのインプットへ繋いでおきます。midiケーブルはあくまで操作情報の信号を送るものなので音自体はラインで繋いでないと鳴りません。

Cubaseでプロジェクトを立ち上げmidiトラックを追加してインスペクターのルーティングアウトでお使いのオーディオインターフェースを選択します。自分の場合はur242です。

cubase_外部midi音源3

ここでオーディオインターフェースの名前が表示されない場合はオーディオインターフェースのドライバーがきちんとインストールされてない可能性があります。MIDIポートを確認するにはメニューの

デバイス→デバイス設定→MIDIポート

ここでオーディオインターフェースの名前が表示されるかどうか。

cubase_外部midi音源

 

ルーティングアウトでオーディオインターフェースを選択できれば、ふつうのインストゥルメントと同じようにmidiを打ち込みます。これを再生させると外部MIDI音源が同期されて動くはず。

cubase_外部midi音源4

 

鳴りました!

オーディオとして取り込むためにオーディオトラックを追加します。

cubase_外部midi音源5

 

インプットを割り当て、録音すればMIDIで打ち込んだ通りにオーディオデータとして取り込めました。

cubase_外部midi音源6

 

終わりに

はじめ、こちらの動画を参考にしたのですが

「外部インストゥルメントを追加」ができませんでした。表示が出てこない。これはCubase Proだけの機能なんでしょうか?AIじゃできないの?

音楽活動をしている人のための無料ホームページテンプレート

WordPressテーマ(ホームページのテンプレート)を作りました!簡単にバンド、音楽活動用のホームページが作れます。

バンドやミュージシャンなど音楽活動をする人のための無料WordPressテーマ「zousanrecords」。
バンドマンでwebデザイナーの私、太田が自ら欲しかった機能を搭載した主にアマチュア、インディーズミュージシャンのホームページに最適化したWordPressテーマです。是非、お試しを。

zousanrecords

おすすめ記事

オーディオインターフェース Steinberg UR242を買った。
ミックス用プラグインはこれ Waves Chris Lord-Alge Signature レビュー
【DTM】いちばん分かりやすかったミキシングの本

-Cubase, DTM
-, ,

Copyright© ヒダリのヒ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.