アイカワラズミー

アイカワラズミー RO69JACK二次選考落選。敗因を考えてみた。

投稿日:

ずっと前にヒダリ(別でやってるバンド。活動休止中。)でNHKの「熱唱オンエアバトル」に出て負けたときも同じようなブログを書いた気もしますが...(笑)

昨日、RO69JACKの二次選考の結果が出ました。

 

 
ダメでした!

応援してくれたみなさんゴメンなさい。そして本当にありがとうございました!

くじけてる場合ではありません。敗因を考えてみましょう。

 

曲が悪かった。

ではいま一度、応募曲を聴いてみましょう。

いかがでしょうか?
イントロなしで歌で始まるなど、オーディション用に戦略的に作ってます。(いや、嘘です。たまたまそういう曲ができただけです。)

この曲が良くないと言われればもうどうしようもありません。

 

若くない。

artistpfoto_s

正味な話、これじゃないかと思います。そう思いたい。我々と同世代、知り合いのkayacosというバンドも通過ならず。正直、我々がダメでもkayacosはいくかもと覚悟してました。ますます歳で落とされた説が自分の中で深まってます。主催側も若くて勢いのあるバンドを売り出したいでしょう。

 

ルックスが悪い。

artistpfoto_s

すいません。若くないし男前じゃないし。

 

人気がない。

artistpfoto_s

一般ユーザーによるweb投票ということで、投票数がどれほど審査に加味されてるのか分かりませんが。結成一年弱の我々はライブも数えるほどしかしてないし知名度もないし投票数は多くなかったと思います。
500組以上もいるのに全部聴けないでしょう。純粋に曲だけ聴いて投票した人がどれくらいいたのか。

 

 

では、今後の対策も考えましょう。

歳を誤魔化す

年齢を20代前半ということで、アー写も別人の若い男前の人たちで応募してたらどうだったのかなと割と真剣に考えます。

 

若いメンバーを入れる

やっぱり若くてかわいい女の子のメンバーを入れるか!

 

自分たちは出ない。若いバンドに楽曲を提供して代わりに出てもらう。

他人に曲を提供するていうのをやってみたい。

 

もっと良い曲を作る

結局、これか。歳のせいばかりにしてちゃいかん。自分達の実力がなかっただけ。

もっと良い曲を作ります!

-アイカワラズミー
-

Copyright© ヒダリのヒ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.